癌はステージ4になっても治療可能|臓器ごとに変わる療法

進行した場合の治療法

入院

癌にはステージがあり、そのステージにより進行度が異なります。ステージ4はほぼ全身に癌が進行していることを言います。全身に転移すると治療は不可能と考えている方が多いですが、転移した場所の治療を行なうことは出来ます。臓器によって治療法は異なってきます。

初期の肺癌の場合は切除術を受けることが可能です。ステージ2まではこの治療法が可能ですが、それ以上進んでしまうと他の方法を選択しなければなりません。肺癌がステージ4になった場合は脳や肝臓、副腎や骨など様々な箇所に転移しているでしょう。脳は非常に慎重な治療を行なわなければなりませんので、出来るだけ転移を防ぎたいものです。ですから、ステージ4へ進む前に発見するようにした方が良いでしょう。肺から肝臓に転移すると肝臓癌、肝臓から違う臓器に転移すると再度病名が変わるのです。
リンパ節に転移してしまうと血液と一緒に全身に癌細胞が行き渡ってしまうため、出来るだけリンパ節に転移するのは避けなければなりません。

癌治療を専門的に行なっている医療機関がありますので、もしも癌が見つかった場合はそのような医院に通院すると良いでしょう。緩和ケアや在宅治療を行なっているところもありますので、理想的な治療を施してもらえるはずです。
スムーズに治療をしてくれる医院や抗癌剤の開発も手掛けている医院など、医療機関によって特徴が異なるため、様々な医院を探してみましょう。ステージ4になると緩和ケアが中心となることもあります。

検診で見つけよう

病院

発見が遅れれば遅れるほど生存率が低下する胆のうがんは、早期発見がポイントとなってくるでしょう。毎年検診を受けることが重要となってくるのです。手術後は食事に気を遣うことで体力が回復します。

More Detail

話題の治療法

医者

がん治療は副作用が付き物と考えている方が大半ですが、NK療法は副作用がほとんどありませんので安心です。強い吐き気が襲ってくるようなことはないでしょう。活性化した細胞を再度体に戻すと、がん細胞を増殖が止まります。

More Detail

骨に発症する悪性腫瘍

病院

骨に出来る悪性腫瘍のことを骨肉腫と呼びます。10代などの比較的若い年代の方が発症しやすいタイプのがんです。筋肉痛のような痛みが長期間続くようならば、整形外科の受診が必要でしょう。

More Detail